卒業生から届いた声

中学受験の意義

 子ども達にとっての中学受験の意義は、自分自身の目標に向かって一生懸命に頑張ること、そして、その経験を今後の長い人生に活かしていけることにあると考えます。中学受験は親と子の二人三脚とよく言われますが、私どもはそうは思いません。子ども達自身が主体的に学習に取組み、入試に挑まなければならないのです。塾も保護者の方々も、子ども達が自ら前に進むのをサポートするにすぎないのです。ただし、このサポートは決して軽いものではありません。正しい道を指し示し、時には後ろに下がりそうになるのを支えてあげる必要があります。中学受験塾の使命は、中学受験という経験を通して、未来を担う子ども達の人間的成長を促すことにあると考えます。
 受験は、「合格」「不合格」のどちらかを決定づけますが、「やらなきゃよかった受験」であってはならないと思います。私どもE:REXは、子ども達にとって価値ある受験となるよう最善を尽くしてまいります。

努力した算数

Y・Sさん
南山中学校女子部・滝中学校
愛知淑徳中学校 など合格

 私は、塾に入る前から算数が苦手で塾に入った後もずっと苦手な教科だった。小学校でやる算数よりもややこしくてむずかしかったので、4年生のころはおどろいた。「中学受験の算数はこんなにむずかしいのか」と思った。だけど、このころはまだそんなにあせりを感じてはいなかった。算数に対する苦手意識は消えないまま5年生になった。このころになると算数がすごく得意な子との差が歴然となってあせりだした。日曜ゼミとかでも50点くらい差がついてしまい、とてもくやしくて泣いてしまったこともあった。でもそんな時先生に「基本問題を取れれば良い点がとれる」と教えてもらい、先生に言われたことや、やり直しを丁寧にやっていったら徐々に点数が上がっていった。
 6年生になると、過去問や判定模試で志望校に対する実力が分かり、もっとがんばるようになった。そのおかげでだんだん算数ができるようになっていって、問題を解くのが少し楽しくなってきた。そして第一志望の入試の時、過去問とは少し違う感じの問題で最初はとまどったけど、算数の試験が終わった時、「けっこうできたかも!?」と思うことができた。塾に入った時は、絶対算数が好きになることは一生ないと思っていたけど、少しだけ好きになった。
 この受験を通して、努力をすれば必ず報われるということが分かった。すぐにではないけど、後々絶対に報われるということが分かったこの受験は、とても価値があったと思う。

野球と受験の両立

Y・Nくん
東海中学校・滝中学校 など合格

 ぼくが初めてE:REXで勉強を教えてもらったのは4年生の夏休みです。国語と算数だけでしたが、国語が難しかったことを覚えています。それからしばらくは塾に通わずに家で家族に色々勉強を教えてもらいながら、野球や部活、ピアノを頑張っていました。
 5年生の夏期講習は全部通いました。初めて本格的に塾に通ったので、宿題が多く、泣いてしまうこともあったけれど、E:REXの先生達は僕の様子を見ながら、宿題を減らしてくれたり、ノートの使い方を親切に教えてくれたりしました。
 最初は国語が苦手でほとんど点数を取れませんでした。算数も少しぐらい得意なぐらいで、たまにしか点数を取れませんでした。けれども僕はそこからすごく頑張りました。合宿でも倒れそうなぐらい頑張りました。部活とピアノは6年生の夏まで、少年野球チームは6年の12月まで続けました。これらを両立するのは本当に大変だったけれど、少ない時間で精一杯努力しました。 11月ごろから結果があらわれ始めました。国語も点数が安定して取れるようになったし、算数は誰にも負けないぐらい成績が上がり始めました。そして、結局、受験した中学校は全部合格することができました。
 好きなことと勉強が両立できて悔いのない中学受験生活を送ることができました。
 忙しい両親の代わりに送り迎えをしてくれたおじいちゃん、おばあちゃん。野球の試合や練習、模試や塾の往復をしてくれたお母さん。弁当を作ってくれたお父さん。そして最後までいっぱい勉強を教えてくれ、励ましてくれたE:REXの先生方に感謝をしています。
 本当にありがとうございました。E:REXの友達もたくさん同じ中学校に行くので、みんなで仲良く、楽しい学校生活を送っていきたいと思います。

あきらめない

N・Sさん
滝中学校 など合格

 私はE:REXに入ったころからずっと、バカミスが多いことで悩んでいました。特に計算が苦手で、毎日計チャレをやっても、正確な計算が最後までできませんでした。
  滝中入試の前日に、先生が「絶対に計算ミスをするな」とおっしゃったことを忘れず、入試へ向かいました。入試会場には見かけたことがある人もいましたが、私はかなり緊張していました。でも、私は落ち着いてテストに取り組みました。入試が終わってから初めて気づいたのは、ミスをしないためには自分を落ち着かせて集中力を引き出すことが大切なのだということ。自分を落ち着かせるためには、各教科のテスト前にやることを決めておくとよいと思います。私は、深呼吸をしてから黙想をする、ということを毎回やっていました。もちろん、入試の日もやりました。そのおかげかは分かりませんが、算数の計算問題は全て正解していました。一番間違えていたところで、ミスがなかったのはうれしかったです。
  もう1つ受験で大切なことを学びました。それは「困難を乗り越える力」です。私は今年の夏に自信をなくしてしまいました。そのことが、きっかけで、全教科(特に算数)の成績が落ちてしまい、そこから上がれなくなってしまいました。私はいろいろ試しました。間違えた問題を専用ノートに書き写し、その下に式や答え、社会だったら地図やゴロを書いたりすることを毎日やったら、かなり成績が伸びました。成績が伸び始めたのは、12月のはじめ頃だったと思います。
  どちらの経験もあきらめなかったことで私を成長させてくれました。だから、私はいつでも物事を途中であきらめたり、投げ出したりせずに、これからも生きていこうと思いました。

精一杯やったから
合格でも
不合格でもいい

S・Iさん
南山中学校女子部・滝中学校・
愛知淑徳中学校 など合格

 私は4年生からE:REXに来ました。4年生のころは、全然受験の意味が分からなくて、ただ勉強しているだけでした。でも、滝中学校という学校に私も父のように通いたいと思っていました。5年生になって、母に、5年生になったらがんばらなければならないと言われたけれど、あまり意識していませんでした。私が4年生か5年生のとき、同じ小学校の人が滝に合格したことを知って、同じ小学校で滝に合格した人がいるんだ!私もやっぱり滝に行きたい、と思いました。
 6年生になってあと1年で入試、となりました。模試も判定が出るようになって、私は「気持ちで成績が変わる」と思いました。やはりそれは最後の最後までありました。日ゼミでもそうでした。とうとう入試が始まって、最初に受けた学校は結果がよくて、ちょっと自信がついたけれど、次の学校では、初めて、いままででいちばん大きい失敗をしてしまいました。しかし、その失敗をしたおかげで、滝の日は、いつも通り緊張しませんでした。みんなとおしゃべりしながら教室に入って、私は「とうとうだ」と思いました。そして精いっぱいできました。かってに自分の口から「もう精いっぱいやったから合格でも不合格でもいい」なんて言葉がでてくるなんて信じられませんでした。でも本当にすっきりした感じでした。
 そして、むかえに来てくれた父が滝の通知を持ってきてくれて、車の中で「おめでとう」と言って渡してくれた時、中を見たらなんか泣けてきてびっくりしました。でも本当にうれしかったです。がんばってよかったと思いました。
 私は、できなくてもずっと応援してくださった先生方に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

最後は気合や!

M・Sくん
東海中学校・滝中学校 など合格

 「最後は気合や!」
 この言葉を初めて聞いたのは、5年生の秋、自分が中学受験するということを自覚しはじめた時です。初めの頃は、この言葉の意味を深く理解していませんでした。考え始めたのは、6年生に入ってからで、中学受験では、勉強面だけではなく、気持ちの面もとても重要な気がしました。中学受験は、絶対に一人だけではやってはいけませんでした。家族や友達、先生が自分を支え、励ましてくれたからこそ、この中学受験を続けられたのだなあと思いました。
 この3年間、色々なことがありました。合宿、講習、授業など、どれも人々の支えによって、自分自身も本気を出すことができ、取り組めたのだと思います。自分がこうやって積み重ねてきた努力も、すべての学校の入試本番において全力を出し、悔いの残ることがないようにできたので、本当によかったと思いました。
 本番では、緊張せずに、落ちつき、リラックスすることもとても重要なことです。緊張したら、本来の自分の力を発揮できず、きっと最後の最後に悔いが残ってしまいます。リラックスしておけば、本番あせることなく、例えハプニングが起こったとしても、冷静になれるので、受験の際の「気持ち」というのはとても大切なものなのだと気付きました。
 気合というのも、なくてはならないものです。気合がなければ、すぐにあきらめてしまう。気合があってこそ、ここまでこれたのだし、合宿で自分を制し、自分に勝つことで、また新たな一歩をつかんだのだと思います。中学受験を通して、中学受験をすることによって得たものは、一生残る大切な財産になったと思います。
 中学受験のような過酷なことは、そんなにたくさんありません。だからこそ、中学受験を通して学んだ本気で目標に向かって取り組む自分を、中学へ行っても続けていきたいです。

ライバルいてこその合格

U・Sさん
南山中学校女子部・滝中学校
愛知淑徳中学校 など合格

 私がこの受験で一番大切だと思ったことは、目標を立てる、ライバルをつくることです。具体的には自分の中で「あの人に勝ちたい」「何位以内に入りたい」などと思うことです。
 私には入塾した当時からのライバルがいて、心の中で絶対勝つ!と思っていました。月例テストの成績などで上位だったとしても、そのライバルに勝てないことがすごく悔しくて、やっている教材、プリントを少し真似したりもしました。でも、今思うとそのことがとても刺激になっていたし、永遠のライバルがいてこその受験&合格だったとも思っています。
 E:REXの先生、家族、仲間、そしてそのライバルにもいっぱい迷惑をかけたと思うけど、おかげで素敵な仲間、そしてかがやく人生の第一歩としての合格など、たくさんの宝物を手に入れることができました!!これからも受験生活で学んだことを生かし頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。

信じあえる仲間

T・Wさん
愛知淑徳中学校・愛知中学校 合格

 6年生の冬、誰もが「ラストスパートだ」「気合を入れなおさなきゃ」と思っている時だけど、私は何よりも1番この3年間短かったなあと思った時だった。 4年生のころは「まだあと2年ある」、5年生では「まだあと1年ある」と思っていたけれど、こんなに早く過ぎるとは思っていなかった。 正直もうあとちょっとしかないと心配になった。
 最初の冬休みが明けて思いもよらない感情がでてきた。私は元々公立には行きたくなかった。友達はたくさんいるけど、そこまで信じあえる仲間がいなかったから。けど、久しぶりにみんなに会ったとき複雑な気持ちになった。「私、本当にこの道を進んでいいのかな」って。私が受験をすることは、学校のみんなには言っていなかった。ごく一部の信じあえる仲間にしか。そこでよく考えると、私には、その信じあえる仲間というのがいるのではないかと思った。それだったら私立に行く必要はないのではないかと。 私はこの問題に迷いを感じていた。
 しばらくして、信じあえる仲間に思い切って打ち明けたら、その中の一人の受験仲間が同じ悩みを持っていたことを知った。その子も非常に悩んでいた。周りはライバルだが仲間でもある。ここで、E:REXの言葉を思い出した。受験仲間の子も結果的にはライバルだけど、今は励ましあえる仲間なんだと、そして今まで私たちを支えてきてくれているのは家族だけでない、信じあえる仲間たちもなんだ。改めて、「仲間」の大切さを知った私は、「せっかく今まで支えてきてくれたんだ、最後までやり抜かなきゃ!」と問題、いや、壁を乗り越えることができた。
 家族、仲間たち、先生方…たくさんの人に出会って、支えられて私はここまでこれた。私は今一番言いたいことがある。「みんな、本当にありがとう!」 

後悔しない受験

Y・Oさん
金城学院中学校 合格

 私は、この中学受験をして、本当に本当に良かったと思っています。私はE:REXの先生達からいろいろな事を教えてもらいました。最終的に私は残念な結果になってしまったけど、全く後悔はしていません。第一志望校に不合格なってしまった時には、すごく悲しく、「これから第二志望校で生活していけるのか」とも思っていました。でも、不合格になったおかげで、気持ちを入れ直す事ができたのかもしれません。
 もし、私が第一志望に合格していたら、それはそれでとても喜ばしいことかもしれないけど、今の気持ちと比べると、だいぶダラけた気持ちになっていると思います。それに先生達も「合格か不合格かよりも、後悔しない受験にすることの方がよっぽど大切だ」と言ってくれています。一般の受験生だと、このことを聞くと「この塾おかしいんじゃない?」と思うのかもしれませんが、よく考えてみると、やっぱり後悔しない受験にする方が、合格できるよりも大切だということに気づきます。
 私は中学受験のために、一度も学校を欠席しなかったことが、私自身の自信であり、誇りです。私は「公明正大」という言葉を胸に受験をしてきました。E:REXは「全てにおいて中学受験が優先されるわけじゃない。だから、入試直前になっても学校には絶対に行く」という公明正大な考え方で私達の受験を進めてくれました。先生達も「E:REXの鏡だ」「E:REXの誇りだ」などと言って私達のことをとても喜んでくれて、私もうれしくなりました。
 一人の先生が「学校を休むなというのは先生達だけど、それを実行するのは君達で、それを実行することはとても難しいことなんだから、実行できた自分を誇りに思いなさい。」と言ってくれました。私はその言葉を聞いてすごく納得しました。でも、本当にすごいのは、休まないことを実行した私達だけじゃなく、そのきっかけを作ってくれた先生達でもあると思います。
 私は学校を休まなかったことやそのきっかけを作ってくれた先生達のことをみんなに自慢したいです。E:REXは世界で一番いい塾です。
 私はE:REXという塾、そして先生達に出会えて本当によかったし、出会えたことに感謝しています。
 私の今の好きな言葉は、「公明正大」という言葉です。私にとって、この中学受験は、人生の中でも、忘れられない出来事の一つになると思います。これからの人生、つらいことや困難なことが数えきれないくらいたくさんあると思いますが、E:REXで学んだことを思い出しながら、一つ一つ乗り越えていきたいです。先生達、本当に本当にありがとうございました。

ありがとう
ございました

M・Iさん
金城学院中学校 合格

 今思い出すと、先生に言われた「公明正大」という言葉がすごく、強く心の中に残っているなぁ…と思います。
 私が入試の前に自信がついたのはあるできごとからでした。E:REXのみんなで神社にお参りに行っておみくじをひきました。よく読んでみると「公明正大に生きろ!」みたいなことが書いてあり、私はびっくりしました。それからです。公明正大…公明正大…公明正大!!と思いながら勉強をするようになりました。でも、私の中での最初の入試で、そのおみくじを落としてしまいました。そして、その学校には落ちてしまい、すごく泣きました。すごく悔しくて、「あの時おみくじを落としていなければ…」とも思ったりしました。
 そんな時、私を支えてくれたのはやっぱり家族でした。怒られて、泣いたけど、やっぱり家族はいつもそばにいてくれて、支えてくれました。そして、先生も応援の言葉をかけてくれました。2つ目の入試を翌日にひかえた私に「あなたなら絶対合格できる!できるから、自信をもって入試にのぞみなさい。不安なんかもったらダメ。いつも通りの力をふりしぼってきなさい。大丈夫。先生たちはみんな応援しているから。がんばってきなさい。」その言葉が、最後に私を強くしてくれました。
 そして見事合格し、私は今でもその先生に感謝しています。もちろん、私を強く育ててくれたほかの先生達も…。私は、すごくすごく、この塾E:REXに入ってよかったと思いました。『気合い』…この言葉はE:REXでの通用語。全て忘れない。忘れるもんかっ!この塾での出来事、勉強、先生達…そしてE:REXを!!

やっぱり受験は楽しかった

M・Tさん
椙山女学園中学校 合格

 最終的に受験は楽しかったです。私は3年生から受験を始めました。初めは、受験がどういうものか分かりませんでしたが、ずっと通っていると大変だけどやりがいを感じられて、楽しいなと思っていました。だけど、5年生になってからは楽しいと思えなくなってしまいました。しかられることが多くなり、楽しいどころか辞めたいという気持ちが大きくなっていきました。だけど、あきらめたくありませんでした。あきらめたらそこで終わり。やるなら最後までやる。結果は出るけど後悔はしない。そんな気持ちが私のささえでした。何回も泣いたりしたけどあきらめませんでした。中学受験は一回しかない、そんなチャンスをやらせてもらっていると思ったこともたくさんありました。
 みんな受験と聞くと大変なイメージが強いと思います。でも、大変というより楽しいものだと思ってほしいです。6年になったら先生から、『仲間』の言葉を聞くことが多くなると思います。でも、決してウソではありません。受験が終われば分かると思いますが、『仲間』がいたから合格できたのだと分かる時が必ずきます。学校の友達とでは得られない、仲間の大切さ・感謝の気持ちだって芽生えてきます。受験を体験したどうしの励まし、ほめあいも学校の友達とは違う気持ちで受け取ることができます。
 一緒に笑い、一緒に泣く。私の塾での思い出は、やっぱり先生にしかられたことです。だけど、友達と交わした笑顔、泣き顔だって私の宝物です。塾ですごした4年間は私にとってのチャレンジの連続であり、笑い、泣いた4年間でもありました。やっぱり受験は楽しかったです。